車買取時の『見えない』敵とは?

なぞなぞです。査定に大きく響いてしまうのに、普段乗っているオーナーにはわかりにくく、他人はなかなか言い出しにくく、気をつけていても対策が本当に効いているかわかりにくい『見えない敵』とは何でしょう。

答えは車内の『臭い』です。車内をきれいにクリーニングして車買取業者へ査定に持っていきますが、車内の臭い、特に悪臭(タバコの臭いやペット臭など)が残っている場合があります。

この臭いは持ち主であるオーナーにはわかりづらいもので、他人はなかなか言えないでしょう。この「こもった」臭いやタバコなどの臭いが車に残っていると査定のマイナスポイントになります。

車内は常に清掃を心掛け、臭いの元となるものを車内に溜め込まないようにするなど、日頃からのこまめな対策が必要です。車買取を希望していて、もし臭いが気になるようなら脱臭剤や消臭剤、風通しを良くして天日干しなどの臭い対策を施してから車買取に臨みましょう。ちなみに芳香剤は悪臭の原因になるので対策になりません。

車買取時の最大の『敵』とは?

車買取業者に車を売却する依頼をし、車買取業者の店舗まで車を査定しに行きます。この時、車のオーナーは営業マンのつもりで、自分の車をアピールしましょう。しかし、もしアピールできないものがあった場合、隠したり嘘を伝えたりしてはいけません。

車を査定してもらう際に嘘は絶対についてはいけません。もちろんマイナス査定になるからといって隠してもいけません。何かのマイナス要素があるのなら、査定を始める前に査定士の方に正直に正確に伝えてください。

たとえ嘘をついたことに成功したと思っても、査定士は車鑑定のプロなので、嘘は必ず嘘だとわかります。嘘をついたり隠したりすると、査定士の方は「他に何か隠していないか」とアラ探しばかり始めてしまい、それこそ査定に大きく響く結果になります。

逆の立場で考えれば嘘や隠し事は一切NGだとわかるはずです。車買取をスムーズに行うためにも、嘘をつくことは最大の『敵』と肝に銘じて、正直に、しかし大胆に車をアピールしていきましょう。

不人気車の車買取金額は安い?

今現在、たまたま乗っている車がいわゆる『不人気車』だった場合、もし売るとしたらどのくらいになると思いますか?実は、不人気車は確かに人気の車種よりも低い査定額になりがちですが、少しでも高くする方法があるのです。

その方法とは、インターネットなどでできる『一括査定』です。いろいろな車買取業者がインターネットに自社サイトをオープンしています。その中には一括査定専門のサイトもあります。一括査定の重要なところは、複数の車買取業者が競合して査定額を算出する点です。

どこの業者も「当社で車を売ってほしい」という思いがあるそうです。したがって考えられる限りのプラス査定を行い、他の同業者よりも高い査定額を出そうとします。一括査定依頼を出した方は、その中で一番自分が納得できる査定額を出した車買取業者に売却依頼をすることになります。

また中古車の海外輸出に力を入れている業者などであれば、通常の同業者が出す査定額よりも高い査定額を出して買い取ってくれることがあります。

車検切れ車買取をしてもらえるのか

よく「車検切れの車買取はしてもらえないのか」という質問を耳にします。車検が切れて乗れないからという理由です。結論から言えば「買い取りの査定をしてもらえます」。ただし少し注意しておきたい点があるのです。

車検切れは査定に響く要素ではなく、まったく関係ありません。しかし車検切れであることをいつまでも気にかけていると、そこを弱いとついて査定額を安く提示してくる査定士の方もいらっしゃいます。車検切れは査定には関係ないことをよく覚えておきましょう。

車買取の査定士の方は、車を売ろうとする方が自信なさげだと「何か隠しているのかな?」と思うそうです。別に隠し事などをしていなければ堂々としているはずだからです。もし何か伝え忘れているというなら、早めに正直に査定士の方に伝えるようにしましょう。

何度も言いますが車買取に車検切れは査定には何も関係ありませんし、弱みを握られることでもありません。そこはまったく気にせずに車全体の価値をしっかりアピールしていきましょう。