車買取時の最大の『敵』とは?


車買取業者に車を売却する依頼をし、車買取業者の店舗まで車を査定しに行きます。この時、車のオーナーは営業マンのつもりで、自分の車をアピールしましょう。しかし、もしアピールできないものがあった場合、隠したり嘘を伝えたりしてはいけません。

車を査定してもらう際に嘘は絶対についてはいけません。もちろんマイナス査定になるからといって隠してもいけません。何かのマイナス要素があるのなら、査定を始める前に査定士の方に正直に正確に伝えてください。

たとえ嘘をついたことに成功したと思っても、査定士は車鑑定のプロなので、嘘は必ず嘘だとわかります。嘘をついたり隠したりすると、査定士の方は「他に何か隠していないか」とアラ探しばかり始めてしまい、それこそ査定に大きく響く結果になります。

逆の立場で考えれば嘘や隠し事は一切NGだとわかるはずです。車買取をスムーズに行うためにも、嘘をつくことは最大の『敵』と肝に銘じて、正直に、しかし大胆に車をアピールしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です