車買取時の『見えない』敵とは?


なぞなぞです。査定に大きく響いてしまうのに、普段乗っているオーナーにはわかりにくく、他人はなかなか言い出しにくく、気をつけていても対策が本当に効いているかわかりにくい『見えない敵』とは何でしょう。

答えは車内の『臭い』です。車内をきれいにクリーニングして車買取業者へ査定に持っていきますが、車内の臭い、特に悪臭(タバコの臭いやペット臭など)が残っている場合があります。

この臭いは持ち主であるオーナーにはわかりづらいもので、他人はなかなか言えないでしょう。この「こもった」臭いやタバコなどの臭いが車に残っていると査定のマイナスポイントになります。

車内は常に清掃を心掛け、臭いの元となるものを車内に溜め込まないようにするなど、日頃からのこまめな対策が必要です。車買取を希望していて、もし臭いが気になるようなら脱臭剤や消臭剤、風通しを良くして天日干しなどの臭い対策を施してから車買取に臨みましょう。ちなみに芳香剤は悪臭の原因になるので対策になりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です