ブランクにより考えが変わった中古車

私が運転免許証を取得したのはもう20年も前のことです。友達の中で一番早く免許を取得した私は、週末にはみんなでドライブに行くのが日課になっていました。家にある車やレンタカーを利用していましたが、道を知っている地元での運転のせいか、運転にも慣れマイカーへの憧れも強くなっていきました。

叔父さんが1年半ほどの車を譲ってくれると言ってくれましたが、中古車は嫌だと断ってしまいました。今思うとこんないい話はないと思うのですが、当時の私は何の根拠もなく「中古」というのが汚いイメージで抵抗がありました。お金を貯めてコンパクトカーを購入しましたが、就職して環境が変わると次第に車に乗る頻度は減りマイカーを手放しました。

それ以来ペーパードライバーとなり、地方に引っ越したのをきっかけに再び運転することになりました。約10年のブランクは思ったより重く、せっかくの新車も半年もせずにぶつけてしまいました。初めての事故にショックで新車の運転が怖く、こんなに気を使うなら中古車にすれば良かったと心から思いました。